株式会社ヒロコーヒー外食アワード2015受賞

サステイナブルコーヒー・地球環境を考えたコーヒー
サステイナブルコーヒーとは、コーヒーを生産する農園が環境に与える影響をできるだけ配慮し自然と共存していくことができる農園で栽培されたコーヒーということです。

■日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会

 この協会が認証するのは国際基準による堆肥などの有機物を主な肥料として用いて回りの自然環境を保全しながら本来のその土地が持つ地力を高めて作物の健康を図り、安全で味のよい農産物を目指す有機農法で、栽培・収穫・輸送・加工製造・流通まで基準を満たしたものだけが認定されます。

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会有機認証
日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会有機認証

Japan Organic Natural Foods Association 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会
 >>公式ホームページはこちらです。

■オーガニックとは

国際的な規模で有機農業推進活動を行っているIFOAM( 国際有機農業運動連盟) は、オーガニックの原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目を掲げています。

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会有機認証

【環境の保全】
化学農薬や化学肥料を使わずに、水、土、大気を汚染から守ります。

【健康な生活】
保存料や着色料などの添加物をできる限り低減し、食品の安全性を確保します。また、化学的な染料や塗料を使用せず、アレルギーのない生活を目指します。

【自然との共生】
自然の動植物を守り、生物多様性を保全します。

【身土不二】
適地適作・地産地消で、地域の文化を大切にします。

【健全な社会】
児童労働の禁止、植民地栽培の排除、南北格差の解消など、人を大切にする社会を実現します。

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会有機認証
日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会有機認証

■オーガニックの目的とは

多くの人は「化学農薬や化成肥料を使わないで、食品の安全性を高めること」と答えるでしょうか? 
しかし残念ながら、食品の安全性というのは、オーガニックの目的ではなく結果に過ぎないのです。

 オーガニックに何を求めるか? それは人それそれ、「安全」「健康」「美味しい」「綺麗」などなど、どのように考えてもいい。でも忘れてならないのは、私たち人間は微生物や植物がいなければ生きていけないという事実です。

微生物が自然界にある有機物を分解し、それを植物が吸収して育ち、光合成で栄養を作る。私たち人間を始めとする動物はそれを食べて生きている。土の中でも、水の中でも、地球上の生命はすべて食物連鎖でつながっています。

 つまり、私たち人間が末永く健康であろうと願えば、微生物や植物の生存環境(汚染のない水・大気・土)を考えないわけにはいかないのです。
ゆえにオーガニックは、化学農薬・化成肥料、そして環境ホルモンや遺伝子組み換え技術を避けて、自然のままの健全な食物連鎖を目指すのです。

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会有機認証
UP▲