株式会社ヒロコーヒー外食アワード2015受賞 

先輩からのメッセージ
 
挑戦しながら成長していく
2021年 新卒
神谷奈杏
西宮北口店

 
 
 
「コーヒーの魅力」

学生時代にコーヒーに興味を持ち、自分で色々なお店のコーヒーを飲む機会が増えたので、コーヒーのことをもっと奥深く知ることが出来たら楽しいんだなという思いとコーヒーの魅力を知った上でお客様に伝えていきたと思い、これからコーヒーに携わる仕事がしたいと思うようになりました。
その中でも自社に決めた理由は、コーヒーの焙煎、パンやケーキも自社で製造しているので、一からお客様の手に届くところまで、すべてを自社が行っているところに魅力を感じ、各々の方面からお客様の為に一生懸命になれる場所で働きたいと思い入社を決めました。

 
「お客様に喜んでもらいたい」

私の主な仕事は喫茶と物販の業務です。
どちらの業務も毎日色んなお客様と関われる環境なので、接客の仕方やお客様に提供する商品のクオリティーなど日々学ぶことばかりです。業務としては、日々同じ作業になりますが、いかに喜んでもらうか満足して帰っていただけるかを考えることで、お客様と常にかかわる仕事は楽しいと感じられるようになりました。物販はよりお客様と関わる時間も増え、お客様のニーズに応えていくための自分の知識も必要になっていくうえで、ただお店にある商品を販売するだけのスタッフにならないようにお客様がどのようなものを必要としているか、「自分がお客様の立場だとどう思うのか」「ご来店してくださったお客様をどこまで満足させられるか」を常に意識して働くように心がけています。

 
「接客の面白さ」

日々の営業の中で、はじめは自分のことでいっぱいいっぱいで、周りについていくことで必死になり、目の前のお客様を見ることが出来ていませんでしたが、徐々に周りのスタッフとの連携もとれるようになり、お客様のためにどのような接し方をして喜んで頂くかを考えて仕事ができるようになりました。そのうえで、お客様の為にスタッフ間で連携を取って、チームワークで仕事が出来ることは、大型店舗ならではの楽しさだと思います。また、物販でお客様にコーヒー豆をおすすめして、再度ご来店された際に「勧めてくれたコーヒーがおいしかったよ」と言っていただけることや「ありがとう」と言って帰っていただけることが、この仕事のやりがいだと感じます。

 
「育成の難しさ」

スタッフの育成は、思っているより難しいなと感じました。自分が最初に教えてもらっていたことや、まったくわからない状態のときに、どこに疑問を持っていたのかをしっかりと考えて、自分も疑問に思ったことを深堀して新しいスタッフにしっかりと伝える責任があります。この伝え方があっているのか、どのように教えたらできるようになるのかと悩みながらも、人に教えることで自分の仕事の仕方を見直すきっかけにもなります。また、仕事内容や業務を教えることは大前提ですが一番は、この仕事の面白さや楽しさを伝えることも大切だと思っています。
まず、働いているスタッフ自身が「この仕事を楽しい!」と思って仕事をしていなければ、お客様に喜んでもらえる仕事はできないと思います。なので、スタッフ育成をするうえで、個々の能力を理解し、お客様と関わることが出来る接客の面白さを伝えていけるように、今後もスタッフ育成に取り組んでいきたいです。

 
「一緒に作り上げる」

物販で、ギフト対応をした際に決まっている商品をそのまま購入される方もいれば、お客様自身で様々な商品を選んで、ご要望の価格に合わせて、お客様と内容をすり合わせながらギフト商品を作る場合があります。その中で、お客様とお渡しする方の特徴なども考えながら予算をすり合わせて、一緒に一つの商品を作り上げることで私たちも記憶に残りますが、お客様の記憶にも残ってまたここで選びたいなと思ってもらえるような接客ができるようになりたいと思っています。

 
「挑戦しながら成長していく」

現在は、周りのスタッフや先輩方に助けてもらっていることが多いので、もっとお店のことを知り、スタッフ育成のためにもみんなの見本となれるような人になりたいと思っています。そのためには、接客の仕方や商品に対する理解度やコーヒーの知識を増やすことで、自信をもって接客することが出来、臨機応変に対応していくことが出来ると思います。また、委員会活動にも参加をして、新しいことにも挑戦し、多くの経験を積んで、お店に貢献できるよう成長していきたいと思っています。


 

お問い合わせ:株式会社ヒロコーヒー 人事課  担当/正木
面接地:本部いながわ工房 兵庫県伊丹市北伊丹5-15-1
電話:072-778-0411 FAX:072-778-0441